えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

他人の成功を羨んでいる間は、どんなに大金を持っても幸せは感じられない。

どーも、越川です。

自分よりうまく行っている人を羨み、自分の悪い状況を嘆いてもしゃーないよね。

うまく行っている人は、確かに運とか引き上げてくれる人と繋がるとか、たまたま(その時の)流れに合ってたとかって事はあると思う。

でも、大きい事をやってる人は膨大な思考をし、努力をし、行動をしてきた事があるはずなのね。

ラッキーパンチみたいに、面白がられてる人は知らんけど。

f:id:toshihiro25:20171120230842p:plain:w400

自分の悪い状況は、運が無かったかもしれない、引き上げてくれる様な人と関係を作れなかったかもしれないし、時代にあってなかったかもしれない。

でもそれも、周りがどーこーちゃうくって、自分でそうして来たってだけやで。

運が悪い行動をし、引き上げてくれる様な人とは理由をつけて会わず、時代を読めなかったのは自分の責任やねん。

だから、考えて、行動して、修正する必要がある。

今の時代、なにがウケるかわからへんやん。

あの、一見傍若無人というか、無鉄砲に見えるタイに行った彼も、よくよく見るとものすごく戦略的に動いている様に見える(ホンマは違うかもしらんけど)。

小林一茶の句にこんなのがある

他の富めるをうらやまず、身の貧しきを嘆かず、ただ慎むは貪欲、恐るべきは奢り。

他の人がうまく行ってるのを妬んでも仕方ないし、自分がうまく行ってないのを、嘆いても仕方ない。

我欲にまみれるのを慎み、自分はこんなもんじゃないって奢りたかぶらない。

そこに納得出来たら、他人と自分を比べて苦しくなることも無いんちゃうの?

あなたは、他人の富める様をみて、どんな感情や思考が働きますか?

こういった物の見方や考えかたをお話するお茶会を
開催しています(大阪梅田界隈です)。

次回は12月11日(月) 13時~
料金は3000円です

お申込みはこのリンクをクリックして下さい。

えちかワークスFacebookページへの「いいね」をお願いします