えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

ブログには役に立つ事を書けと言われて、ブログを書くのが嫌になった人へ

どーも、越川です。

今回は、仕事でブログを書きはじめてセミナーなりコンサルなりなんなり受けると、出てくる壁について。

特に、思考が優位で考えすぎなタイプの人に読んでいただけたら嬉しく思います。

私の体験談で恐縮ですが、この事で少しでも「ブログを更新するのがしんどい」っていうマインドが変化したらいいな、と思います。

個人でビジネスを始めると

  • お客さんを絞る(イメージする)
  • そのたった一人に向けて書く
  • 役にたつことを書く
  • 日記じゃねぇんだ、甘えんな
  • あなたの日常には誰も興味がない

等々、なかなかに激しい縛りというか、ルールのようなものを言いわたされて

f:id:toshihiro25:20171116222235p:plain:w400

こんな風になった人、結構おるんちゃうかなー。
私は、なりました(笑)

んで、最終的にそれは必要というか、考えとかなアカン事やねんけど、なんていうか発信したい!やってみよう!って熱量あるときに、こんなん突き付けられたら萎えてまうやん?

僕も長いことこの迷路に迷いこんでて、自分の発信する内容がなんかフラフラしてるのはアカンなーとか、こんなん役にたたへんよなーとか、グルグル考えてブログ書かれへんかったんですよね。

で、とりあえず、そう言う難しいことは一旦脇に置いて、自分がなんかしら伝えたい事があるってのを大事にせなと思うんですよ。

そして、それが役にたつか、たたへんかって言うのは二の次でええと思うんです。

ていうか、役にたつか、たたへんか決めるのはそれを読んだ人で、こっちが「どうや、役にたつやろ?」って言うのは違うような気がしないでもないです。

まぁ、そんな事はさておき。

自分が伝えたいと思っていることや、とりくみたい仕事やプロジェクトに対する自分自身の想い、体験談、体験から学んだ事。

それは、発信しないと、表現しないと、伝える事をしないと、だーれにもわからへんのです。

自分の胸の内にしまっておきたいなら別やけど、その事で何かを成し遂げたいのなら、外に出さんと。

人様の目に触れることが第一歩。

伝わるまで、伝え続けるのがその次。

伝わったらどうするか、はその時が来てからでもいいし、伝え続けてる間に決って来るかもしれへんし。

あなたの想いが、役にたつ、救いになる人は、必ずいてる。

その人に届くまで、伝え続ける事が、あれやこれやのセオリーよりも大事なマインドセットなんちゃうんかなーって、思います。

僕もようやく呪縛から逃がれたばっかりやし、一緒にやってみませんか。