えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

あの大人気セミナーに行って「得るものが無かった」理由

どーも、越川です。

最近は個人でビジネスを始める人も増えて、様々なセミナーや勉強会が開催されています。

f:id:toshihiro25:20171115111607p:plain:w400

異界絵師の緋呂さんが、ブログでこのような事を書いておられました。
あなたが「何も得られなかった」たった一つの理由 - 緋呂の異界絵師通信

言葉の使い方とかは好き嫌いがあるので、この記事を読んで

「やっぱそーよね!最高!スッキリ!」
ってなる人と
「なにもそこまで言わんでも・・』
ってなる人に別れるとは思う。

好みの問題なので。

ただね、その言葉の強さや言いまわしで、本質を見誤らんとって欲しいなーって思うわけ。

セミナーに行って、成果を得られなかった時、もちろん講師の実力の課題もあでしょう。
しかし、そのセミナーに行って手に入れたかったものは何?
そして、手に入れられるような態度で、セミナーに臨んだ?

最初のところでズレてたら、それはもう講師にもどないしようもないんやで。

私たちは、与えてもらう事に慣れすぎて、主体的になにかを得ようとすることには不慣れなのかもしれません。

自分が何かを始めたくて学びに行くのなら、その場で何かを与えてもらう事を期待するのは卒業して、何を得に行くのかを明確にしよう。

その明瞭さをもって、セミナーで得るものがなかったとしたら、それは講師に課題があるか、選ぶセミナーを間違えたかです。

でも、そのセミナーを選んだのは自分なので、あとから「あーだこーだ」言うのはやめましょう。

なんでかって?

いい大人がみっともないやん

えちかワークスFacebookページへの「いいね」をお願いします