えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

握り締めたいらないものを手放すには、自分がその事を「良し」としている事に気付け

どーも、越川です。

過去にイジメがあったっていう話をつらつらと書きました。

f:id:toshihiro25:20171113111449p:plain:w400

別になにかヤケクソになってぶちまけたいとか、そう言うことではありません。
そういう人生が過去あったとしても、未来永劫それが続くわけではありません。
自分の手で終わらせられるよって伝えたいんですよね。

過去、自分にとって思わしくない日々があったとしても、今は自分にとって良い人生を送っている。
その姿はもしかしたら、誰かの為になるかもしれません。

現在進行形で、しんどい人生を送っている人には、そのしんどさは

自分の手で終止符を打てる
ってことは知っておいて欲しい。
ほかの誰でもない、自分の手で終わらせる。

やり方は・・・本を読んでもいいし、セラピストやカウンセラーの力を借りてもいいです。
だけど、終止符を打つのは自分自身です。

セラピストやカウンセラーはサポートをするだけ、手助けやヒントを与えるだけ。
だから、本当の意味で終わらせるって言うのは、めちゃめちゃしんどい事です。

逃げたくなるし、辞めたくなる。
こんなにしんどいなら、終わらせなくてもいいやってなる。

めっちゃわかります。

でも、よく考えて欲しいんです。
終わらせるために始めた事を、やっぱり辞めるって言うのは元の辛い所へ戻ると言うこと。

もしも、元の辛い状況へ戻って5年後、10年後、あなたの人生はどんな風になっていますか?
もしかしたら、今と変らないか、今より酷いものになっているかもしれません。

でも、もしも「終らせるしんどさ」を乗り越えて「終わらせる」ことが出来たとしたら。
5年後、10年後の人生はどうなっているでしょうか?
もしかしたら、これまでと違って素晴らしい人生を送っているかもしれません。

  • パートナーがいない人は、理想のパートナーと一緒にいるかもしれません。
  • 人間関係がうまく行っていない人は、居心地のよい素晴らしい人たちに囲まれているかもしれません。
  • 仕事がうまく行っていない人は、誰もが驚くような成果・結果を産みだしているかもしれません。

自分の人生は自分の手の中にあって、つよく握りしめています。
その手の中のものが嫌なら、手を開いて手放すしか、あたらしいものは掴む事が出来ません。
自分にとって嫌な都合の悪いものでも、握りしめて離せないなら、それは自分で納得して握っているのです。

自分が納得して握り締めていることを自覚する事が、手放すための最初の鍵なんじゃないかなと思います。

えちかワークスFacebookページへの「いいね」をお願いします