えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

未来を自由に創造することが苦手な人へ 〜 点で考える冴えたやり方

未来を自由に創造することが苦手な人へ 〜 点で考える冴えたやり方

f:id:toshihiro25:20180529123347p:plain

 

今までの自分と、将来どうなりたいか、どんな事がやりたいかは関係ないから、自由に創造してええねんで、って言われても「そんなんできたら苦労せえへんわ!」ってなりますよね。

自分もなかなか、この癖が抜けなかったし、今でも油断するとちょいちょい顔を出します・・・が、出てきても修正すればいいのでそれは無問題。

じゃあ苦手な人はずっとできないのかっていうと、そうではなくてちょっとしたコツで感覚を捉えられるようになります。

この記事ではそのコツをお伝えします。

 

コツ1:自分の時間の流れを把握する

目を閉じてちょっとイメージをしてみてください。

あなたの人生の時間は、どこから来てどこへ向かっているでしょうか?

あなたの後ろから前?

前から後ろ?

右から左?

左から右?

自分の感覚で、自分の人生がどんなラインの上にあるのかを感じてみてください。感じられたら、ノートかなんかにメモしておきましょう。

 

さて、ここでわかるように、基本的に私達は、時間の流れは一本の先のようなもの(以降タイムラインとします)で、その流れに従って、過去から未来に時間が続いていくように感じています。

ですから、未来は過去自分がどんな体験をして、どんな選択をして、今どんな状態かに大きく影響されていて、今をなんとかしないと未来はいいものではないんじゃないか、今と大して代り映えしないんじゃないかって感じています。

だけど、本来は未来が流れの上流で、流れてきたものを今受け取り、過去へ流れていくっていうのが、時間の本質的な捉え方です。

だから、まずは未来を創造しようって話なんですけど、このタイムラインの考え方をすぐにひっくり返すのはなかなかしんどい話なので、それはそれとして、違うアプローチをします。

コツ2:タイムラインとは関係ないところに、未来の点をおく

さて、自分の時間の流れ、タイムラインがわかったら、今度はその流れの中にない未来を創ります。

このときに大事なのは、具体的にどんな未来かを考える必要はないってこと。

流れとは別に、それ以外の場所にも「未来」ってものがあるぞ。

それは小さな湖みたいなもので、まだどこにもつながってないぞ。

ってのが分かる感じで、イメージする、と言ったらわかりやすいでしょうか。

なんか、光ってる湖みたいなのが、自分の流れとは別のところにある・・・みたいな感じで、その光ってるのは、どうやら自分が楽しいと感じたり、嬉しいと感じたり、ウキウキしたりワクワクするようなものが詰まってるらしいぞ、位の感じでOKです。

コツ3:未来の点を自由自在にいじくる

では、その「未来の湖」を、妄想の中で自由自在に変形してみましょう。

もちろん、未来の点から今の自分に向かって流れを作ってもいいし、自分が楽しくなるような色やカタチにしてもいい。

なんだったら、どんどん大きくして今の自分も過去も、今まではこっちや!と思ってたタイムラインも、新しい未来にすっぽり入れてしまって、その未来の中につかってみるのもいいかもしれない。

そうやって、新しく作った未来のイメージにどんどん入っていくわけです。

コツ4:そこで何を感じたか?

コツ3でいろいろいじくった未来にひたっていると、なにか感じるんですよ。

温度とか、気持ちの変化とか、妄想が得意な人は、なにか絵が見えるかもしれないし、なにか聞こえるかもしれない。

いや、気が変になったとかそんなんちゃうよ。

感じるってそういうことね。

何を見て何を聞いてどういう感覚があったか。

これを観察してください。

自分が唐突に作った未来の湖から感じることを観察してください。

そして十分に堪能したら、メモしておいてください。

これが、従来のタイムライン発想から抜け出すヒントになるし、自分自身に対しての未来をつくる、未来ってこういう感じのベースになる感覚になります。

 

もしも不安を感じてしまったり、恐れを感じてしまったら。

 

それは、過去の体験に関係なく、何も確定していないもの(本当は未来の楽しそうなものをイメージしてるので確定している)に対して本当に不安に思っているのか、未来に対して何が起きるかわからないから、漠然とした不安を感じているのか。

それを探る必要があります。

不安や恐れが出たら、一体何に不安や恐れを感じているのかを書き出してください。理想は100個位書くといいと主います。

スイスイ出なくなってからが勝負です(笑)

 

書き終わったら、一旦休憩して、それに対してどんどん、ツッコミを入れていってください。なんでやねん、的な。

可能なら、すべてが理想通りの未来の自分が、その不安要素を見ているっていう「てい」でやってみてください。

 

・・・・これは僕の体験談ですが、わりかしアホっぽい理由で不安がっています。

 

そうやってすべての理由にツッコミを入れ終わってスッキリしたら、もう一度未来の点を作るところからやってみてください。

過去にとらわれず、今すらも超越して未来を切り開いてきた人はみんなこういうプロセスを通ってるんじゃないかなぁと、おもいます。

よかったらやってみてください。

未来を創造する時のコツまとめ

  1. まずは自分の時間の流れを把握する
  2. 時間の流れと関係ないところに未来をつくる
  3. その未来をめっちゃ感じる
  4. その時感じたものが、未来のタネになる
  5. 不安を感じたら100個書き出して全部にツッコミを入れて粉砕する

時代はどんどん変化していて、過去を弄ってる間に一生が終わってしまうかもしれません。

どうせなら、流れの中で自分の人生を思い通りにしたいじゃないですか?

そのためにまず、自由に創れる未来ってどんなもん?って感覚をぜひ掴んでください。

 

この感覚を掴んで、実際に未来へ向かっていくコーチングセッションも提供しています。

<p><a href="http://zatsudan25.hateblo.jp/makeyourfuture">&gt;&gt; 体験コーチングもやっていますので御覧ください。</a></p>

 

まだ何も確定していない未来は、選び放題。

自分が無理のないことや、自分の理想の人生・仕事・お金・人間関係を選ぼう!

<div style="margin-bottom: 5em;"></div>
<p>感想はレターポットで!<br /> </p>
<iframe src="https://blog.hatena.ne.jp/toshihiro25/zatsudan25.hateblo.jp/subscribe/iframe" width="150" height="28" frameborder="0" scrolling="no"></iframe><br /><span style="font-size: 80%;"><a href="https://www.facebook.com/echikaworks">えちかワークスFacebookページ</a>への「いいね」をお願いします</span> <iframe style="border: none; overflow: hidden;" src="https://www.facebook.com/plugins/like.php?href=https%3A%2F%2Fwww.facebook.com%2Fechikaworks%2F&width=450&layout=standard&action=like&size=small&show_faces=true&share=true&height=80&appId=251677731977149" width="450" height="60" frameborder="0" scrolling="no"></iframe></p>