えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

イライラしやすい・怒りっぽい性格をなおしたいときにチェックすること

f:id:toshihiro25:20180508120808p:plain

 

自分がイライラしやすいなとか、
怒りっぽいなと言う時怒りやいらいらを
抑えようとしたりしませんか?

で、そういうことをしてるときに限って
更にイライラが増すっていうね・・・。

アンガーマネジメントの世界では
6秒待つと言う話が言われていますが、
今回はそういう話ではなく。

 

そもそもイライラしたり、
怒りが出る時ってどんな時でしょうか。

  • 物事がうまくいかない
  • 人から粗末に扱われた
  • バカにされた
  • 思ってたんと違う
  • 期待通りにならなかった
  • and so on

当てはまるものはありましたでしょうか?

わたしたちは様々な理由でイライラし、
怒りを感じます。

例えば、息子氏が「やめてね?」って
お願いしたことを0.2秒の早業で、
やらかしたときとか。

確かにイライラしたり怒ったりする原因は
お願いしたことを守らなかった息子氏に
あるように感じます。

が。

実は、息子氏が守らなかったことに
怒ってるわけではないのです。

 

「これこれをしてほしくない」
と言う価値観または、自分のルールや基準を
守ってくれなかったから怒ってる

のです、実は。

なので、怒りやイライラを抑えるのでなくて
(そもそも当たり前の感情なので抑える必要はない)
その怒りは、自分の大切にしている価値観や
ルール、基準のなにを破られたから、怒ってるのかを
見つける事がカギになります。

その基準さえわかれば、ハードルを下げたり
考え方や見方を変化させることで、怒る必要が
なくなったりするわけですね。

 

まとめると

怒りは、相手の行為行動が引き金となるけれど
その原因は自分の価値観やルールを破られたり
ないがしろにされたことで起きる。

ということです。

セラピーやカウンセリングで
怒りの背後には「悲しみ」がある
と言われる事があります。

それは、
「自分の大事なものを粗末にされた」
悲しみでもあるのですね。

 

感想やちょっとしたご相談はレターポットで!

ちょっとしたお悩み相談お茶会やってます!


えちかワークスFacebookページへの「いいね」をお願いします