えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

五億五千万円って、意外とたいしたことないな

f:id:toshihiro25:20180407231457p:plain:w640

友人が、すぐシェアしたら

金運アップする動画とやらを

シェアしてたのでみてみたら、

宝くじ売り場に展示されてる、

5億5千万円分の1万円札(たぶん表だけ)だった。

それをみてですね、思ったことがありまして。

数字で見るとすげーって、思うんですよ。

5億5千万があったら、

お金で解決できることは、

大概解決できる。

でも、その塊の絵面をみて、

いや、5億って大した量じゃないな

って思っちゃった。

本音は、そんだけのお金、

あったら嬉しいし、欲しい。

そら間違いない。

でも、なんか、お札の量で見てみると

え、こんなもんなん?

って思ったのも本当なのです。

お金ってフィルターを通すと

僕らはものすごく「数値」のマジックに

掛かってるんじゃなかろうか。

  • 提供するサービスの金額
  • 受け取るサービスの金額
  • 生活にかかるお金
  • 教育にかかるお金

どうしてもお金を数値ベースで考えると、

計算した結果

  • ある
  • ない
  • 足りる
  • 足りない

を判断して

「欠けている部分(つまりはない)」を見て、

悲観的な気持ちになってしまう。

スッピリ界の偉い人が

散々言うてはるけど、

お金を数値で見てはいけませんな。

「これどうぞ」と「ありがとう」の間で

やり取りされた、思いの総量が「お金」と

捉えるとどうだろう。

そうすると、これは

サービス提供者の目線でしかないけれど

「私のどうぞ、の想いはこれだ!」

って値段をつけたとして、受け取った人が

「私のありがとうとは、あわへんわ!」

ってなったら、買ってもらえないし

「私のありがとう、からしたらやっす!これやっす!」

ってなったら、買ってくれる可能性が上がる。

穴あきまくりの思考実験だけど、

そういうものじゃないかなとおもうのです。

なので

お客さんがいないのは、値段でも、

ターゲッティングでもペルソナでもなくて

「私のどうぞはこれや!」

が、「私のありがとうで、返すで!」

って言う人に届いてへんだけちゃうんか?

と、そのように考えました。

一言でまとめると、圧倒的な

「自分を表現する情報不足」

ということになります。

自分で書いて

ブーメランが飛んでいるのが見えますが、

気にしないことにします。

感想はレターポットで!

えちかワークスFacebookページへの「いいね」をお願いします