えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

石橋を叩く前に渡れ!

f:id:toshihiro25:20180326114028p:plain

頭のいい人、と言うか、常に思考が動くタイプの人は、

本当に石橋を叩いて叩き壊してから、

うわーやっぱりあかんわーってなると思う。

こうやったら確実に成果が見えるかどうか、とか

この行動した先の「最悪の結果」を予測して、手足が動かなかったり、

最悪な結果だけに焦点を当てってしまって、

やっぱりやーめたってなる。

最悪の結果を先回りして対応するって言うのが、

これまでの時代リスクマネジメントで、

成長できてきたところはあると思うのですよ。

でもそれは、ある意味高度成長期の

組織の考え方かなーと思うんですよね。

今は個人でどんどこ情報を発信して、

個人と個人が融合して動いていく時代に

移行しつつあります。

組織も大組織でどーのこーのっていうのは、

どうやら時代的には少しずれているのかな

っていう気もします。

話がどっか行った。

で。

ということは個人がどんどん活躍したり発信したりしていく場合、

うまくいく未来が見えなかったり、

最悪の結果を妄想してしまったとしても、

商品だったり情報だったりを

表に出していく必要があるんですよね。

綺麗な形でなかったとしても。

それが、完成していく過程が

見ている人の何かを刺激することで、

共感が生まれたり、

自分も頑張ろうっていう気持ちが

動いたりするのかな、と。

まー、石橋はそんなすぐ壊れないもんだから、

叩かなくても渡れるよねって話です(強引なまとめ)