えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

自分のコンセプトを見つける鍵は「興味」

f:id:toshihiro25:20180215232006p:plain

いろんな事に興味を持って身につけたり、
勉強してきた。

でも、どれもこれも中途半端で独自性ないし、
どうしたらいいのかな・・・・。

ビジネスを始めるとき、

  • 独自の強み
  • USP

という、専門分野やオリジナリティでとがらせる なんていう事を言われます。

それで、強みやUSPを見つけるためのセミナーとか
個人セッションを受けて見たはいいけど、
いまいち「納得がいかない」。

専門性というところから見ると、トップクラスの人とは
圧倒的な差がある。

かと言って、いま以上に深めていく、専門性をとがらせる
という時間もなければ興味もない。

では、オリジナリティを追求する・・・
と言っても、自分の発想で出来たものなんて一つもない。

そこで考えが堂々巡りしてしまって ずーっともやもやした状態が続いてる。

  • 自分のやっている事には価値がないんじゃないか
  • 結果の出せない自分はダメだ
  • なんて不甲斐ないんだ
  • 起業なんてするんじゃなかった・・・

どんどん自分が落ち込んでいくのを感じてしまう。

でも、このままでは終わりたくない。
なにか鍵になるものがあるんじゃないか。

自分が身につけたり、勉強したものを語るとき、
身につけたものや、勉強したものそのものを考えると
専門家レベルの人と比べて、ダメだって思ってしまう。

では、なぜそれを身につけようと思ったのか?
どういう所に興味があって、勉強しようと思ったのか?

そしたら、その理由や興味は自分だけのもので
誰かと比べるようなものじゃない。

その興味や理由を一つのコンセプトにまとめられたら、
コンセプトの元に身につけたもの、勉強したものを
活かしたり、語れるようになる。

つまりコンセプトって言うのは

「興味を中心とした自分を説明する言葉」

なのです。

そうすれば、軸ができるし、ブレなくなる。

そんなライブ配信
www.facebook.com

を書き起こししました。

自分を説明する言葉=コンセプトを見つける鍵
ぜひ感じ取って下さい。

マルチ人間・器用貧乏のコンセプト

感想はレターポットで!

えちかワークスFacebookページへの「いいね」をお願いします