えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

意外と人生逃げきれないものだなー

どーも、越川です。

中学受験に失敗したわたしですが、高校受験は望んだ結果になりまして。

私が住んでいたところは、地元集中制っていう、クソみたいな制度を
やってたところなんですよね。

成績優秀者でも、地元中学から近い高校へ進学しなさいって言われる
っていう。

内申点に関して圧力があったと言う話しも聴きます。

お題目は

「公立高校の学力を平均化する」
とかなんとか。

アホですわ。

そんなとこ進学した日には、さらに自分に対して嫌な事をしてくる人が
増えるじゃないか!

と言う事実に、子供ごころながら

これはアカンやつや。今から脱走先を決めて余裕で合格できるようにならないと!
って決意したのを覚えています。

f:id:toshihiro25:20171109151330p:plain:w400

学校では嫌な事はたくさんありましたが、なんとか無事に中1で決めた
公立高校へ進学しました。

だけども、やっぱり同じ中学から進学するひとが少数でもいる以上、
中学のとき自分がどんなだったかを言いふらす人はいるわけです。

やー、なかなか逃げきれるもんじゃないなって思いました(笑)

そして、そう言う情報を得た人はどういう行動をとるかと言うと、
強い者の立場になれるようなアラを探したり、

「中学の時、こんな風に言われてたらしいな」
と自分が上位者であるっていう態度をとったりします。

他人の評価や噂を聞いて、他者の評価を自分のものとしてしまう
タイプの人は、まずまっとうに内面を見ることは無いんじゃないかなと
思います。

例外は相手に好意がある時だけです。

相手の内面どうこうよりも、自分が優位に立てればいい、そんな心理が
働いています。

そして、他人から「下位の立場に追いやられる」と言う経験をした人は、
「他人からどう思われるか」にとらわれてしまって、自分の考えや意見を
見失ってしまうんじゃないかなと思うんです。

そういう人間関係を「強弱」「上下」でしか測っていない人から、
いますぐ離れましょう。

物理的にも精神的にも。

ただ、組織の中にあって物理的に離れることが困難な場合は、接触を
徹底的に減らす事と精神的に離れる事を心掛けましょう。

精神的に離れるとは、徹底的なスルーです。

スルー力を磨きましょう。

そして、そのような人が発する言葉を耳にしても「心に入れない」事を
意識しましょう。

つまりは、その言葉の事をいつまでも考えないと言うことです。

過去の体験や記憶がよみがえって、あなたをその言葉に縛ろうとする
かもしれません。

そんな時は深呼吸して、少し体を動かしましょう。

会社にいるなら、トイレにゆっくり歩いて行くのもいいかもしれません。

自分の心を守れるのは自分だけです。

そういう、アホな世界観で生きている人にふりまわされても、あなたは
一銭の得にもなりません。

アホな人は「どうぞ、アホの世界でお幸せに」と祈って、えんがちょ切る
くらいが丁度いいのです。