えちかワークスの幸せな未来とコンセプトを作る話

これからの幸せな未来と仕事の話をしよう。

中学受験して失敗した話

どーも、越川です。

午後のセッションからのバタバタで、
いまごろ(11/2の23時すぎ)ブログを
書いています。

中学受験しようとしたときの話。

結果から言うと失敗しました。
小5からでは遅かった(笑)

さてさて。

なんで受験しようと思ったかって言うと
ですね、このまま公立の中学へ進学する
と、今の同級生プラス他の小学校からの
人と同じ中学になるので、学校生活が嫌
なものになるってのが、予想できたから
です。

あ、ちなみに越川は小中学校はなかなか
のいじめられっ子でした。

格好良く言うと、環境を変えたかった。

ぶっちゃけて言うと、逃げたかった。
それだけの理由です。

今思いかえしてみると、たぶん私立中学
へ行っていても、そんなに変らなかった
んじゃないかなーって思います。

なんとなくですが。

イジメと言っても今ほど陰惨ではありま
せんが、嫌なものは嫌ですね。

客観論として、いじめられる方にも原因
があるって言う意見は受け入れられませ
ん。

しかし、自分自身の体験とか記憶をから
当時の自分を振りかえってみると、やっ
ぱり自分の内側にある何かが現象として
現われてたんじゃないかなって思いま
す。

もっと重要なことは、自分が「その立場
をあまんじて受け入れていた」ってこと
が大きいなーって思いますね。

だって、やめろ!いいかげんにしろ!って
言うことだって出来た訳ですから。

俺が俺が!って言うエゴまるだしの自己
主張は論外ですが、主張すべきことは主
張しないと、相手には全然伝わらないん
だなーと、今更ながら認識を新たにしま
した。

f:id:toshihiro25:20171102233044p:plain:w400