えちかワークスのブログ(仮)

6ヶ月で女神になる基礎をつくるコーチングを研究してセッションしています。夢や希望、望んでいる生き方を可能にするコーチング。

その会社が好きだから仕事も好き、という働き方と組織。

どーも、越川です。

最近とても考えている事があります。

基本的に自分は、対個人を対象にサービスしてきましたし、今後もそれはかえません。

ただ、それだけでええんかなーっちゅう思いがあります。

それは、組織です。


f:id:toshihiro25:20170920155824p:plain

組織ライフコーチングという謎概念

個人の人生全般にかかわるコーチングをライフコーチングと表現します。

たとえば、

  • 夢や目標を叶える
  • 過去のトラウマを清算する
  • 人生の質を向上させる
  • ベストパートナーを見つける
  • 自分自身を深く知る

とか、多岐にわたりますが、だいたいこう言う事を扱います。


では、組織ライフコーチングとなると、どーでしょうか。

組織、いわゆる会社というやつは「法人」という、概念としての人格をもっています。

その法人の人格の性格は「企業風土」とか「社内の雰囲気」なんていう事で表現できるかもしれません。

そこにコーチングをして、組織のコレからの歴史に対して変化をおこせないかな、ということなんです。

そのことで、離職率を下げて、やりがいも持つことができて、多様な働き方ができて、組織そのものも、社長以下組織の構成たる社員一同が成長できたり、幸せに働くことが出来るんではないか、と言うことを考えているわけです。


エグゼクテェイブコーチングとは違うの?

それはわかりません(汗

まず、エグゼクティブコーチングで何やってるか知らんし(おい

ただ、一つ言えることは、このコーチング自体でなにか、利益が増えるとか新商品が出来るとかそういうところを目指す性格のものではない、と言うことです。

ただ、組織全体の生産性が変化することで、利益が増えるということは、起るのではないかなーという予想はたちます。

エグゼグティコーチングが、社長(経営者・経営陣)の話を聞き、悩みを解決し、意思決定のサポートをするということであれば、逆に、組織全体の話を聞き、悩みや滞りを解決し、法人人格の成長をサポートするということになるでしょうか。

実際どんなことがおきるかはわかりませんが。

そんなわけで。

法人ライフコーチング。

どーやって形にすればいいのかわからないけど、組織人の時にどえらい苦労もあったので、いろんな話を聴いて考え抜きます。

会社の仕事が嫌だから、起業するとか転職するとかじゃなくて、その会社が好きだから仕事も好きの方がいいんでないかな、と思う今日この頃です。

もちろん、過去の自分の所業は棚にあげまくりです。


えちゅーど・じゅえ開催予定

9月のえちかワークスのお茶会予定。

新月と満月のしんどいのをやわらげる遠隔セッション

新月と満月のしんどいのんをやわらげるセッション・お申込みフォーム