人生の基準は家系の呪いだって聞いたらどうする?

どーも、越川です。

7月にはいったとたん、梅雨っぽく
なっていっきに蒸し暑くなりました。
夏ですね。


人生の基準は家系の呪いだって聞いたらどうする?



f:id:toshihiro25:20170704120201p:plain

はてさて。
私たちは、脳の仕組み的に

「過去の自分にとって重要だと思えること」

を基準にして生きています。

私達だけではなくて、両親も、
そのまた両親も。


つまり

「家系に脈々とつながるなにか」

が自分の価値観や
なにかの判断基準として織り込まれる
というか、教育されている状態なのです。


過去を前提にして生きているので、

「これまでの延長にしか人生を積み上げる」

ことしか出来ないって勘違いしてるんですね。


今の人生が苦しくてなんとか変えたい
と思ってるひとは、どうにかしてこの

「過去」

をやっつけようともがいているわけです。


当然僕もやってました。


今の人生が苦しくてなんとかしたい、
ということはつまり、

「この先もこんなに苦しい人生は嫌だ!」

と言うことでもあります。


多くの人は、このまま自分が変わらなければ、
苦しい未来がやってくるにちがいない、
だから今の自分を変えようとします。


だがしかし。


最初にもお伝えしたとおり

「過去の自分にとって重要だと思えること」

は、あたりまえですが、
両親からの教育があります。


そして、両親からの教育はそのまた
両親からの・・・・って、
これキリないやん?!ってなりませんか?


自分にとって

「不都合と思える過去のこと」

をなんとかしたら、もう80歳でしたー、
では割にあわないではないですか。


そんなことないですか?


そんなことあるあるーって人は、続きをどうぞ。


さて、では今の人生が苦しいという人が
そこを抜けだすには。


これって、人生が苦しいだけじゃなくて、
自分が何かをやりたい人にもあてはまるのですが、

「もし、苦しみをぬけられたら、どんなことがしたいか?」

を真剣に考え抜いて、
たとえ今そうでなくても、
意識の上ではその人生を生きる、
と言う事につきます。


やりたい事を見つけた人も同じなのですが、
そういうものを見つけたら、常に行動や選択の基準を

「達成した自分なら、どちらを選ぶか」

という質問をすることで、
過去のパターンから抜け出すことができるようになります。


今まで何となく選んできた選択や行動は
もしかしたら

「過去の重要と思えること」

から選んでいたかもしれません。


今後は
* 「もし、◯◯(なりたい自分や達成した自分)なら、なにを選ぶだろうか」 * 「もし、◯◯(なりたい自分や達成した自分)なら、どんな行動をするだろうか」
と質問してみてください。
脳はクリエイティブに答えを見つけてくれるでしょう。


そしてその選択がうまく行ったとしても、
行かなかったとしても、新しい選択をした自分を
褒めてあげてください。


今の自分から抜け出したいなら、間違っても

「やっぱり自分はダメなやつだ」

と、ダメの烙印を押さないでくださいませ。
そして、ずーっと続いてきた

「過去からのしがらみ」

を、どうぞ断ち切ってください。