なんのために自分を癒そうと思っていますか?

どうも、人生を聴いて未来への
確信を生み出す
コーチ・カウンセラーの越川です。


なんのために自分を癒そうと思っていますか?


f:id:toshihiro25:20170605120116p:plain


私の母はそれはそれは几帳面な人で

毎日の家計簿が1円でもあわないと

何時間でもその1円の行方を考えている

人でした。


それゆえに、家庭もきちんと管理したい人だったのかなーと想像しています。

なんせ、彼岸に渡ってしまっているので

いまでは確認のしようのありませんし

その事自体には、意味はないでしょう。


心配性で過干渉気味の母でした。

「何時までに帰れ」

「どこ行くか言ってからでかけろ」

そういう感じだったので高校のときとか

泣く泣く家にかえった記憶があります。

中学に入ったころに父が単身赴任に

なったので余計に心配性が加速したのかもしません。


そーなのです。

私の記憶が確かならば

「13〜24歳くらい」

の間殆ど父の影響を受けていないのです。


私の価値観というのは、母のものを

色濃く受けついだのだとおもうのです。

そして、それがあとあと自分を

苦しめることになるのですが。

それはさておき


大人になって、それはもう古い価値観だとわかって

自分のために手放すことをたくさんしました。

自分の未来のために。

そして、それなりに自分の未来を

切りひらけたと思っています。

でもまだまだ、残ってるんですよね。

息子氏に対してとか、妻に対してとか。

ひとつずつ丁寧に対応していく。

それは、自分や家族の未来のためでもある。


過去を癒すことは必要なことです。

だけど、何のために過去を癒そうと思っていますか?

今の苦しさをとりさるのもいいとおもいます。

だけど、本当のところはどうでしょうか?

そんな話もお茶会でやってます。

f:id:toshihiro25:20170605120553p:plain:w100 お茶会情報

6月8日(木) 13時より 三宮にてお茶会を開催します。
お申し込みはこのリンクをクリックしてお申し込みください。
詳細も同時にご確認いただけます。