本当の地獄は過去のあのつらい体験じゃなくて、未来を描けないことだよ

どうも、人生を聴いて未来への確信を生み出すコーチ・カウンセラーの越川です。

本当の地獄は過去のあのつらい体験じゃなくて、未来を描けないことだよ

f:id:toshihiro25:20170521202215p:plain:w600


過去の痛い体験を思い出すと、まるでその時に戻ったみたいにつらい気持ちになったり、悲しい気持ちになったりすることありますよね。

僕の場合だと、ブログにも書きましたけれど、「名前(名字)のことをいじられること」や「見た目(容姿)をいじられること」が自分の中では大きな痛い体験なわけです。*1

一番嫌だった、小学校〜中学校のことを思い出してみると、直接自分が名前や見た目でからかわれる事も嫌だったし、小学校3年〜4年の担任の対応は最悪で*2、小学校6年間を振り返ってみても、耐えるしかない2年間だったわけ。

担任に対しては、普通に(自主規制)いいのに、とか思うし(あら過激)。

感情的には存分に痛いし、豊かな体験かっていうと、権威をもってる人間がロクなやつでないと、不幸しか生産されない。

振り返って考えてみれば、せめて人として真っ当に生きようって思えた事が、豊かといえば豊かな事かなぁ・・・(笑)

しかし、こういう事があっても、徹頭徹尾うちの両親(と言うか、母親)は、やられる方にも原因がある、そこで泣くあんたがわるい、って態度だったんですよねー。

強く育ってほしいとかなんとか、そこに愛情はあったんでしょうけど、苦しさは取り除かれなかったし、ここらへんの体験が自分のことを正当に評価できなくなっていったり、どうせ自分は愛されないっていう枠組みをつくりだすきっかけになったのかな、と考えています。

とは言え、振り返ってみれば、ここらへんで、苦悩してなきゃ今の自分はないの。

どんなにくそったれな過去であっても、未来のために自分を成長させ続けられたら、そこそこ人間っぽく生きられるようになったし、縁あってコーチングとかカウンセリングの世界で、お仕事させていただいてます。

このままの人生がもしも続くなら、未来永劫この苦しみが続くのはいやだ!!!

もっとよい人生を送りたいって、心の底からそう思えたので時間はかかったけど、あの時予想した苦しみの中にいる人生は抜け出せたと思っているわけ。

過去を振り返って感情に触れて、ああ、あれが痛かった、あれがつらかったと「しんどさのコレクション」を並べて「私の人生は最悪だ!!!」って叫んでたら「そらそうよ」と言われておわりやで。

そんで、過去のしんどさやつらさや痛みを取り除くだけでも、いつか来た道へもどっていくだけやねん。

もっとよく生きたい、よりよい人生を送りたい、人生を変えたいって強い願いや思いがあるなら、過去にどんな人生を生きていようが、今どんなに最悪だと思っていようが、まだ起きてない未来に希望を持ったり、なにか「こうなりたい、こうありたい」っていう目標をもつことが、あなたを勇気づけ、励まし、前進させる力になるんだよ。

あなたの未来のこと、お話しようぜ。

個人セッションお茶会で、待ってます。

それぞれ、リンクをクリック or タップして、申し込んでください。

*1:これ以外にも自分の痛い発言とか行動とか選択を思い出して「あばばばばばば」ってなることも多々あるのですが。

*2:泣いた数を黒板に正の字で書かれるとかいう公開処刑をされた。理屈は、書かれたくなかったら泣かへんやろって理屈。そのまえに、その行為が泣かせてるって思わないのか、クソがって今なら言えるけど。
他には、姿勢が悪いのを矯正するのに石膏で固められてウジがわく、汚らしいとか(実際に石膏でかためられてはいないうえに、ウジもわいてない)。