えちかワークスのブログ(仮)

6ヶ月で女神になる基礎をつくるコーチングを研究してセッションしています。夢や希望、望んでいる生き方を可能にするコーチング。

変えられないものをイジられる悲しみ

今日は自分の弱みの話というか
こう、心のやらかいところがモニャモニャする
そういう話です。

「自分語りおつ」という方は回れ右ですぞ。


f:id:toshihiro25:20170208224824p:plain:w400




さて、わたしの苗字は「越川」と書いて「えちかわ」と読みます。
おそらくは難読の範疇に入ってくると思います。

子供の頃はこの苗字が嫌いでした。

もうちょっとちゃんというと、この苗字のおかげで嫌な思いを
しました。

その当時の自分だったら、自らを「えっちー」などとなのったりは
できない程度には。

そー、つまり。
えち→エッチ→すけべの、小学生脳三段活用により

  • 二段目を活用した、エッチかわ
  • 三段目を活用した、すけべかわ

などと言われた小学1〜2年生。
このほかに「容姿」に関することもあったので、
今でいうスクールカースト最下層にぶっこまれたわけですわ!

まぁ、気にしたら負けとか、反応するからエスカレートするとか
その通りなんですが、やっぱりねぇ、小学生にとったら
名前であーだこーだ言われるのは本当に嫌なものです。

この辺から自尊心はズタズタだったので学生時代はほんと
苦しい時代でしたなぁ。

ちなみに苗字に関することは、高校くらいから自分の中でも
どうでもええわーになっていっておりました。

中学校の同級生から仕入れてきたネタで自分を優位に立たせようとしたり
そのことで初めから優位でいようとしたりとか。

阿呆らしいじゃないですか。

その後の大学時代のニックネームはえっちーだったしな!

今なら、品性下劣で売ってますからと、品行方正に言って差し上げます。

なんかね、いじられた方が美味しいとかいう意見もありますが
やっぱり変更できないもの、個人のアイデンティティに結びつくものを
からかいの対象にしちゃあダメだと思うんですよ、おぢさんは。

うちの息子くんも、この苗字問題は出てくるかもしれないんだけど
その時にはなんて言ってあげたらいいんだろうか。

全然まだ想像はつかないけれど、その痛みや悲しさ辛さには
寄り添ってあげたいなと思います。




【対面・Skype全国対応 受付中】
あなたの頭の中を徹底的に整理する個人セッション