読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を聴いて自分への確信を生み出すカウンセラー

今がどんな状態でも「こうなりたい」「こうありたい」という想いが原因となってあなたの現実が作られる世界なのです。CHANGE YOUR DESTINY

もしも確定した未来があるとしたら、過去の体験はすべき事として起こったのかもしれない話。

過去に体験した、喜びや悲しみ痛み苦しさは
未来から見たときに必要だったのかもしれないな
と、思います。

僕の場合、いじめられた経験や親との関係とか
そういうことがあったから、心の事とか脳のこととか
色々勉強したりして。

過去の体験を起因に未来を想定するっていうのは
ごく一般的な考え方で無理はないのですが、
苫米地博士の言うように、時間は未来から流れてくる
そう言うことであるなら、過去の体験や選択は
確定した未来から逆算して選んできたってことに
ならないかなぁと妄想するわけですが。


f:id:toshihiro25:20170131114926p:plain:w400




過去にいじめられたこと・・・今のいじめに比べたら
そんな大したことではないのかもしれないけれど。

今から振り返れば、言葉ってものは傷つけられることもあるし
傷つけてしまうこともある、と言うことを知る機会であった。

僕の場合容姿に関することばかりだったので
そのことで自尊心的なものがあまり育たなかったし
全般的に自分に自信を持てないというか、自分という存在を
否定して生きることが長くなってしまった感はあります。

ただ、そうやって自分を抑圧している時間がなければ
いけなかったわけです。

必要な時間だった。

長かったけど。むしろ長すぎたわ。

過去を否定するというか、嫌なものとして扱うのは
もうやめよう。

今の世界に至るために必要な時間だった。
自分より悲惨な状況の人に対しても同じことを思えるか、というと
感情的にはそうは思えないかもしれませんね。

ただ、だから希望を持てない、というのは違うのかなと思います。
難しいと思いますが、色々と。

広告を非表示にする