読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生を聴いて自分への確信を生み出すカウンセラー

今がどんな状態でも「こうなりたい」「こうありたい」という想いが原因となってあなたの現実が作られる世界なのです。CHANGE YOUR DESTINY

どうせなら世界をひっくり返したい

こころのことに取り組み始めてそろそろ20年になろうかとしております。

気がつけばもうそんなに経ってんの?!って感じでびっくりです(汗

f:id:toshihiro25:20170127111135p:plain:w400

まだまだ、探求の旅は続くし自分のこと、自分以外の誰かのこと、
なんでこんなことやってんのかな・・・っていうことを書こうかと思います。

もともと僕はいじめられっ子でした。

かなり小さい頃から、冗談が通じないとか親に言われていまして
いわゆる言葉をそのまま受け取ってしまう子供でした。
今ならなんか病名がつくんでしょうけれども。

そのいじめの体験や、親からの言葉がけなんかで基本的に自尊心が
欠落している人間でした。

今でも、ふとした瞬間に自尊心が消えて、不必要なまでにフォースの暗黒面に
堕ちてしまうこともあります。

様々な人の力を借りてなんとか今、こうやって生きて
言葉を届けることができています。




僕は親との関係(特に母親)で苦しんできたと思っていたので
親子関係というか、親が変われば子供は救われるし親が変わることで
世の中が変わる、明るく力の満ちた世界になるんじゃないかなーという
妄想から、心の世界の仕事を始めるようになりました。

ただ、親だけじゃないんですよね。

みんないろんな人との関係性の中で生きてきて、自分らしさや正直さを
手放さざるを得なくなって苦しくなっちゃう。

結果仕事がつまらなく感じたり、人生そのものがつまらなく感じてしまったり
しているのではないかなぁ、と思うのですね。

そんな状況で

  • 自分を優先させなさい
  • 自分を愛して大事にしなさい
  • 好きなことやろうぜ!

とか言われましても・・・できるんならとっくにやっとるわい!
っていう人が大半なのかもしれません。

実はもう心の時代だと言われて久しいけれど

現実は目の前のモノやコトに一喜一憂している状態です。
自分の価値観に照らし合わせて、いいと判断すれば喜び、
ダメだと判断したら落ち込む。

いい悪いではなくて、こういう状態にハマってる人は多いと思う。

で、そういうムードが世界に広がると、必要以上に苦しくなったり
状況以上に現状を悪く見てしまって、もうダメだーってなったり。

どうせ死ぬなら、自分を輝かせて死のう

キラキラ女子とかそういう話ではないのですが。
つか、あれ虚像やん?

医学の進歩やなんやでこの先どうなるかはわかりませんが、
今のところ、人間には誰しも「死」というのは平等に訪れますよね。

お金やなんやの問題もあるけれど、どうせ死ぬなら
あー、最高の人生だったって思って死にたくはないですか?

そうできない状況にある人もいるかもしれません。
本人の意思に関わらず命を落とす人もいるでしょう。

でも、敢えて、これを読むことができるのなら、
そこまで追い詰められていないのなら、ちょびっと自分が死を迎える時を
イメージして見ませんか。

この先どんな人生を送ったら、死ぬ間際に最高の気分でいられるのか。

世界をひっくり返す生き方を

そうやって、一人一人が最高の死に方を迎えられる生き方ができれば。
そういう人生を送ることができれば。

そういう人生を歩んで見ようとする人が増えたら、この世はもっと
面白い世界になる。

トップダウンではなく、ボトムから世界をひっくり返せるんじゃないかなー
そんな風に思うのです。

以前は親が変わることを考えていました。

でも、そうじゃなかった。

死ぬときに最高の人生だったね、とお互い言い合える人たち。
死ぬときに最高の人生だったと思って、旅立ちたい。

そんな人たちの力になりたい。

それがこの仕事をやり続けている力の源です。

長い文におつきあいいただきありがとうございました。

広告を非表示にする