不安や恐れの状態から抜け出せない時には、不安でいることで「安心」を感じているかもしれない

初めてのことや新しいこと、行く末が予想できないことに出くわすと、大半の人はなんとなく「不安」を感じてしまって、行動できなくなってしまったりやりたいと思っていたことをやめてしまったり、先延ばししてしまったりします。
そういう経験はあなたにもあるんじゃないでしょうか。

f:id:toshihiro25:20170116111832p:plain:w640

で、その不安というものを払いのけて行動しなさいとか、不安に負けてしまってやりたいことができなくて後悔するのと、不安に打ち勝ってやりたいことをやるのとどっちがいいですか的なことを言う、コンサルタントやコーチもいらっしゃるでしょう。

もしかしたら、その人はその方法でうまく行ったかもしれないですよね。

「それはあなただからできたんでしょ?」

って言われ、それを言い訳がましいとかそう言う風に言って切って捨ててる人もいらっしゃるのかもしれません。

それはさておき。

じゃあ、不安を感じた時はどうするか。
まず一つ、ポジティブな側面は

  • 今までの体験貯金のない領域、安心安全ではない領域に入ろうとしているのは、自分が変化成長している可能性がある
  • もしかしたら、危険を感じていてそれに気づくためのなんらかのメッセージかもしれない
  • この先に進むためにもう一度現在地を確認して、目標を確認し直す機会を与えられた

と言うような側面があるかもしれません。

ネガティブな側面は

  • 不安のために行動できなくなってしまい、どうにも前向きになれなくなる
  • 不安から逃れるための行動をしてしまって、今まで積み重ねて来たものが台無しになってしまう
  • 不安に蝕まれて、今までできていたことができなくなってしまう

上げればたくさん出てくると思います(基本的に安全装置的にネガティブなものはたくさん出てくるのです。にんげんだもの

不安に飲み込まれて、不安な状態でいることで「安定している」とあなたが感じている場合にいくら頭でいやだ、抜け出したいと思っていても、あなたが「安心・安全」でいたいと言う価値観が強い人の場合は、なかなか抜け出すことができないのですね。

まずは、あなたが「不安」でいることで「安心」してしまっていないか、考えて見てください。

もし私が、不安でいることで安心しているとしたら、どんな理由があるだろうか?

この質問をして出て来た理由を、全部ひっくり返して見てください。
太ってる→痩せる
みたいな感じで変換します。

そして、変換したことをあなたの行動の物差しにすることで、不安で安心することから抜け出すことができます。