えちかワークスのブログ(仮)

6ヶ月で女神になる基礎をつくるコーチングを研究してセッションしています。夢や希望、望んでいる生き方を可能にするコーチング。

超絶に考え抜いて、研究する

どーも、越川です。

過日、加藤望さんのオンラインお話し会に参加してきました。

望さんとは、まったくの初めまして。

某かさこ塾生でもないのに、某かさこ塾生の方とFacebookで繋りをいただいてるんですが、そんな御縁でのつながりです。

f:id:toshihiro25:20170918031408p:plain


人は自分が見られたいように見てもらえる事は少い

さて、望さんのプロフィール写真をみてもらって、どういう印象をもったでしょうか。

彼女が産みだす文章を読んで、どんな感想を持ったでしょうか。

ちょっと、考えてもらいたいんです。




プロフィール写真や文章から、自分が「このように見られたい」というのは、誰しも考えることですが、彼女の場合も例外なく「見られたい」姿がありました。

彼女ほどの人でも、か。

と自分は思ったのですが、「自分がみられたい自分」って言うのは、皆さんあるでしょうか。

正直それほどまでに詰めて考えたことは無いんじゃないでしょうか。

ちなみに僕はありませんでした。


表面的なイメージを入り口にするのは、ムシロ武器である

個人が情報を発信する。

クリエイターが作品を発表する。

こんな風に思ってくれたらいいな、こんな風に見られたいな。

なんてことを思いながら、文章を綴ったり、絵を描いたり、歌を歌ったり、踊ったりするわけです。

が、得てして人は自分が見られたいようには見てくれない。

かといって、自分を否定されたわけじゃない。ここ大事。テストにはでません。

そう、自分の思うように捉えてもらえなかった=否定されたではない。

受け取り方が違うだけ。

発信者であるあなたと、受信者であるあの人は、感性も価値観もこれまでの人生の歩みも、まーったく違う人だから。

なので、自分の思う通りでなくても、届いているという事実を受けとればよいわけです。

・・・望さんも、そういうギャップはある、とおっしゃっていましたが、そこを活かせばいいですよね、ともおっしゃってて、そらそーやわなーと思いました。

私と会ったり話したりしたことがない人は、どんな印象をもってるんだろうなー。

そのことをどれだけ考え抜くか

好きな事ややりたい事、それが需要があるか、どんな価値を出せるかを徹底的に考え抜いた。

印象に残っている言葉です。

やりたいことをやりたい。
好きなことをやりたい。

これでは、エゴが強過ぎる。

それを使って「どんな価値をだせるか」って言うことを考えぬかねばならない。

こう言う話になると、考えてるよ!ってちょっと、怒りながら言うひともいますが、わたしたち、自分が思ってるほど、考えていません。

深いところまで考えてないんですよね。

そういう習慣がないし、なによりその技法を知らなかったりするし←いまは探せば良い本ありますね。

考え抜いて、誰かの役にたたせてもらえる。

それは、ビジネスの形として、最高にテンション上るな、と(笑)

ビジネスは美しい

ビジネス、とりわけ個人でビジネスをやっているひと、これから始めようとするひとの壁が「稼ぐ」という心がまえをいかに持つかと言うことだ。

それでドンドコ疲弊して行くうちに

  • ビジネスは汚い
  • なんか人を騙すみたいで、ビジネスを続けるのがしんどい

とか、志半ばでやめてしまうひともいる。

確かに向き不向きもあるけれど、なんていうか、嫌気がさして手を引いてしまう人も実査のところいるんじゃないかな、と思うわけです。

それでも。

自分の好きな事や、やりたいことの需要を見つけて、価値を産みだした時。

お客さんに感謝される時。

その気持ちをどうか味わって欲しいなと思います。

それが、ビジネスは美しいと言いきれる強さにつながる。

一緒に参加した方、望さん。

長時間ありがとうございました。

たのしかったです。

nozomicoaching.com

準備不足を言いわけしない

どーも、越川です。

9月17日あたりから、西日本方面は全面的に台風がやってくるようですなー。
9月16日は一日外出なので、なんとか雨が強くなるまえに家に帰ってこれたらいいなーとか思うところです。


例えばプレゼンテーションがあったり、誰かに仕事をお願いしたり、人と連携していく必要があるときって、なんらかの準備をしますよね。

  • プレゼンなら、来てもらった人に、自分の思いが届くように
  • 誰かに仕事をお願いするなら、その人がスムーズに仕事ができるように
  • 人と連携するなら、相手の人が無理なパフォーマンスをしなくても、仕事がすすむように

まー、準備することはたくさんあるですよね。

しかし、準備が間にあわなかったり、足りなかったり、連携が上手くとれなかったりして、つたわらなかったり、次に仕事をする人にしわよせがいったりすることもあるでしょう。


f:id:toshihiro25:20170915232937p:plain


でもさ。

その時に、自分たちの時間や連携がうまくいかなかったり、準備不足があったからしかたないやん?みたいなみっともないことは、したくない。

責任の所在はどこにあるか、ってことだと思う。

いま自分が100%できてるんか?って言われたら、スンマセンっていうレベルですよ。

でもね、自分で実感する出来事があると、本当によくわかる。

準備はしっかり。

とどかなかったり、うまくいかなければ、その責任は引きうける。

準備不足を言いわけにするのは、かっこわるいな。


えちゅーど・じゅえ開催予定

9月のえちかワークスのお茶会予定。

新月と満月のしんどいのをやわらげる遠隔セッション

新月と満月のしんどいのんをやわらげるセッション・お申込みフォーム

質問されて答えるだけって、それって尋問っていわね?

どーも、越川です。

コーチングって言うと、質問されて根掘り葉掘り聞かれるんじゃないの?

とか思ってました、私。

基本的にいまの時点で言いたくないことは言わなくていいの。

それをむりやりにでも喋らせようとするのは、信頼関係が壊れるし、その時点でコーチングですらないよねーっていう(笑)


質問されて、答えるが、コーチングなのではなく(それはあれだよ、ある意味取り調べだよ・・・)、質問すること、対話することでその人の力を引き出すことや、夢や目標へ到達できること、を手助けすること。

一般的には、こんな定義になるのかしら。

もうちょっと視点を変えると、トータルな人生のデザインを考えることや、自己認識を自分が欲しいものにあわせて変化させること、なんていうのも守備範囲ってことになるかも。

そして、その変化は一瞬で起きるけれど、起きた変化を維持していくことが、なかなか厳しいわけ。

つねに自分をその状態にして、律しつづけなきゃいけないしね。


だから、だいたいのコーチは継続でのセッションをすすめているわけ。

その間に変化を定着させて、もどったぶんは修正して、障害があるなら取りのぞく。

っていうのが、大まかな流れとしてある、と思うのです(歯切れがわるいのは、他のコーチがどーやってるか知らないから)。


ライフコーチっていう存在は、もしかしたら貴方の表面的な悩みは解決しないかもしれない。

だけど、自分の人生に何かをみつけだしたい、どうせならそこへ行きたいっていう心からの希望がある人には、力になれます。


えちかワークスのパーソナルセッション
  • トライアルセッション
    • 料金:15,000円
    • 時間:60~90分
    • 内容:現状と課題の確認と、解決。

トライアルセッション後は、継続セッションとなります。

別の記事でまたくわしく書きますが、抽象的に書くとこんな感じ。

それではまた次回。


えちゅーど・じゅえ開催予定

9月のえちかワークスのお茶会予定。

新月と満月のしんどいのをやわらげる遠隔セッション

新月と満月のしんどいのんをやわらげるセッション・お申込みフォーム

ジャーナリングのススメ

どーも、越川です。


特に英語圏では多いと思うのですが、ジャーナリングということを聞くことがよくあります。

平たく言うとジャーナリングというのは、自分がどんな話をしたとか、どんなことを勉強したかとか、そこから何を学んだかとか、何をしたか・・・そういうものを記録したものだ、と自分は捉えています。

ライフハッカーの日本版記事
www.lifehacker.jp

その元ネタ(英語)
www.makeuseof.com


Journaling


んでまー、突如ジャーナリングの話をするには理由がありまして。

もともとはLINE@で配信されてたんですが、今はブログでも公開されてる堀内恭隆さんの「ぽいぽいワーク」を、やってみよーって思ったんですがスマホの画面で文字を読むのはちょっとしんどいし、かといってパソコンもなーって思って、ノートにワークでやることを書きだしてみようと思ったんですよね。


ワークはイメージとか使うので、ノートに書きだしたからといって、なにかするわけじゃないのよね。
たんたんと、やることだけを書きだしていくだけ。

それが、不思議なことがおきるもので、ただやることを書きうつしているだけなのに、自分の内側で何かが動いている気がするんですよね。


で、ふと思いだしたのが、なにか大事な事をするまえに、緊張したり不安に思ったら、その内容を紙に書きだして捨てるみたいなの。
そうすると、不安や緊張で一杯だった頭のなかにスペースができて、気分が落ちつくみたいな。

で同じ様に、やる事を書きだすことで、やることの内容をキープするところのスキマがあいて、書きながらもそのワークの内容について意識が動きやすくなるのかな、と。


でね。

最初に戻ってジャーナリングの効果なんやけど、生産性があがったりとか色々な報告があるねんけどね、書くことで脳のスペースがあくと、例えば

  • 学んだことに対してより深く考える余力がでる
  • 不要な感情が外だしされて、脳内や意識が平和になる
  • 自分を客観的に見られる

とか、こういう効果があります。

そいで、そのノートを保管ておけば、思いだせなくても問題はないし、なにより自分の歴史と言うか過程が見える化するので(黒歴史見える化するけど)、変化したり成長したりっていうのが実感できる。

www.lifehacker.jp

こちらの記事を参考に、ちょいとジャーナリングはじめてみませんか。


えちゅーど・じゅえ開催予定

9月のえちかワークスのお茶会予定。

新月と満月のしんどいのをやわらげる遠隔セッション

新月と満月のしんどいのんをやわらげるセッション・お申込みフォーム

えちゅーど・じゅえっていう勉強会

どーも、越川です。

佐藤美由紀さんのスピリチュアル茶話会に、まったくスピリチュアルのかけらもない僕がね、ゲストで登壇させてもらったんですよね。

・・・ていうか、やる内容まるっと丸投げやったんですけどね。

まぁそれはさておき。


f:id:toshihiro25:20170607231829p:plain
このコンビでいっちょ、やらかしますでのう(やらかすの?!)


でまぁ、いろいろなお話をさせていただいたんですが、もっとこう自分の持っているものが誰かの何かを助けられるんじゃないのかなーって思ってたんですよね。

んで、勉強会みたいなのをやろうと。

そこらへんの経緯は、美由紀さんのブログを読んでもらえれば。


で、第一回が9月の末にあるわけなんですが、最初は筋肉反射テストを一人であやしくなくする方法の基礎の基礎をやります。

でなんでかってーと。


たとえば、個人で仕事をしていてカタチのないものを販売している人で、自分のサービスの値段をなかなか決められないってありますよね。

僕もそうでした。

自分が思っている価値と、市場や業界とかそういうものを見て高すぎない、安すぎないっていう値段を考えてみたり、お客さんの来る来ないで値段を下げてみたり。

そのことでチグハグになったり、色んな意味で自分のサービスの価値や自分自身の価値を下げてしまったりしがちです。


で、そういう周りがどうとかではなく、自分で自分自身にしている評価をもとに、値段とか決められたら便利じゃない?ってところから、第一回の開催がきまったわけです。

僕もめちゃめちゃ活用してて、ほんとに役にたつツールなんで、是非おいでくださいませ。

お申込みは、コチラのリザーブストックの講座ページよりお願いします



9月のえちかワークスのお茶会予定。

新月と満月のしんどいのをやわらげる遠隔セッション

新月と満月のしんどいのんをやわらげるセッション・お申込みフォーム