女性はみな女神だって言うけど、本気で女神になった人の話

どーもどーも、越川です。

女性はみな女神だって言うけど、本気で女神になった人の話

f:id:toshihiro25:20170625235335j:plain

以前に女神になりたい、

と言う人にコーチングをしていました。

どんな感じだったかと言うと、

「女神になりたいんです」って、

個人セッションにこられて、

「ほんなら、なりなはれ」と答えて

始まったセッションでした。


女神になると言っても、本当に

神様になると言うわけじゃないから、

そう言う方向性ではなかったのです。

というか、本当に神様になるとかなら、

スピリチュアルとか新宗教とか

そっち系の方でお世話になって

いただきたいと思うのですが(汗

それはさておき。

女神になるって言うことは、

女神と言う生き方をつらぬくって

事だから、大変な話しだと

思うんですよね。

じゃあ、僕が思う「女神」って言う

生き方ってどういうものか。


それは、過去の全ての体験を自分で

引き受けて、未来を切りひらける人の

事だと考えています。

ただ、女性性が強く発揮されているとか、

そう言うことではなくて、男性性の

引き受け力と言うか、責任取れるよ力がないと

到達できない生き方をする事じゃないかと。

その上で

「どんな女神になりたいのか」

「女神としてどう在りたいのか」

ってのが重要になってくると。


では、以前にセッションをした方が

どうなってるか、っていうと、

女神として生きてますよ。

女神としてストイック。

女神って、女性はすべからく女神なんだけど、

その生き方をつらぬくっていう意味では、

だれでも女神になれるってわけではないのかもしれません。

だからこそ、そう決心した人は、

そこへお連れしようと思います。

そして、その女神としての生き方で、

世を照して下さい。

セッションメニューはComingSoon.

メールひとつで仕事がうまく行く方法

どもどもー、越川ですー。

メールひとつで仕事がうまく行く方法

f:id:toshihiro25:20170624223911p:plain

ちょっと残念というか、

もったいないなーと思うことが

ありましてね。


わたし、お茶会を開催してるんです。

お話しを聞いたり、その時のテーマを

お話ししたりしております。

直近では、29日の神戸ですので、

ご興味ありましたら是非。
お申込みはここから

おっと、CMでした。


それで、先日お申込みをいただいて、

ありがたいなー思っていたら、

その後の反応がないと言うか、

申込み確認がされないので、

確認のメールをしました。


で、結局キャンセルだったんだけど、

それはそれで別にいいの。

だれしも事情はあるので。


であるならば、やっぱりキャンセルの

連絡は自分からしたほうがいいのかな、

と思うんですよね。


自分のなかで何らかの感情が

動いたのかもしれないのですが、

やっぱりこう言う連絡は

「間違った」

と気付いた時点で連絡を済ませてしまったほうが、

キャンセルする側の人のダメージも

少ないと思います。


こういう感じの対応を仕事でしてたりしたら、

それこそ致命傷になりかねないと思うし、

仕事がうまく行かないとか、

運が悪いっていう人は、こう言う細かいことを

見直してみるといいかもしれませんね。

ニセのやりたいことは即刻やめたほうがよろしい

どもども、越川です

ニセのやりたいことは即刻やめたほうがよろしい



f:id:toshihiro25:20170623225208p:plain

最近ってわけではないですが、

やりたい事をやろう!とか、

ワクワクすることをやろう!とかって

よく耳や目にします。

とりあえず、やりたい事が見つからないって

いう事は脇においといて、それを標榜する人が

「やりたい事」をやっていくなかで発生する

「嫌なこと」や「面倒なこと」を

やらない方法はないか・・・って、

考えている人もいるようです。


それは心の底から湧きあがってる?

それってつまりは、

「やっている事≠心の底からやりたい事」

って、なってるんじゃないでしょうか。

なぜなら、本当にやりたい事がゴールなら、

そのゴールへ到達する過程において

「嫌なこと」や「面倒なこと」は

「やりたい事のなかに含まれる」

はずだからです。


例えば。


そうだ、プラネタリウム行こう

息子くんは「今日はプラネタリウム!」

と言って、普段より朝はやくに起きて、

なんやかんやありまして、

毎朝チンタラポンタラしがちな、

登園の準備をさっさとすませて、

保育園にいこう!ってなるのは、

本当にワクワクすること=プラネタリウム行く

になってるから、登園の準備もさっさと

すませることが出来たわけです。

プラネタリウムへ行くのは、

ついグズグズしてしまう出掛ける準備を

テキパキすませてしまうほどに、

行きたい!ワクワクすることなのですね。


すべてが「やりたい事枠」に入ってくる

これと全く同じで、やりたい事、

ワクワクすることをやってるなら、

「嫌なこと」や「面倒なこと」と言う事

ですら「やりたい事」枠に入ってくるっ

て言うことなのです。

逆に、やりたい事をやっていると言いつつ、

あれが嫌これが嫌って言ってる人は

「私が本当にやりたい事はなに?」と、

もう一度自分自身に問いかけてみては

いかがでしょう。

ブロックがあるから〜出来ないと言うのは、地雷原のど真ん中にいる幻をみているようなもの

どうもー、越川です。

ブロックがあるから〜出来ないと言うのは、地雷原のど真ん中にいる幻をみているようなもの


f:id:toshihiro25:20170622120936j:plain

ちょっとまえにブロック解除ってのが、

めっちゃ流行ったときがあって、

  • ◯◯があるから行動でけへんねや!
  • △◯があるからお金入ってけーへんねや!

なんて、けっこうFacebookなんかを

賑やかしていたのを、覚えてるひとも

多いんじゃないでしょうか。

今はだいぶんと、落ちついたように

見えますね。


本題の前にブロックってなに?

あなた自身が自分でも気がつかないうちに、

自分自身の行動にブレーキをかけていたり、

なにかをしようとする時に否定的な考えが

湧きおこったりしたことないですか?

そのブレーキや否定的な考えが

「ブロック」

と呼ばれてるものの正体です。


ブロックがある=安全装置

最初の例にも書いた

  • ◯◯があるから行動でけへんねや!
  • △◯があるからお金入ってけーへんねや!

って、裏返してみると

  • ◯◯がなかったら、行動できる
  • △◯がなければ金入ってくるで

って単純に考えたらそうなるかなって

思うんだけど、これはよく考えてみると

「安心できたらチョメチョメできる」

って言うてるのと同じなのかな、

と思ったんですよね。

これから行動をおこそうと思っていることの

「安心や安全」

が保証されたら動いてもいいし、

ひどいめにあわないなら

「お金を受けとってもいい」

みたいなイメージ。

よくいえば、足元をしっかりと固めたい人。

逆に、安心や安全にこだわりすぎて、

足元以外は全部地雷原、みたいになる

恐れもあるわけですよね。

なにせ、安全じゃないと

「やらない」

のであれば。


未来は過去の参考データをきにしない

なにかを始めようとするとき、

過去の事例や体験を参照することは

よくあります。

だけど、過去の体験や経験を重視して、

この先の行動について判断する癖がある人も

同じような傾向があるかもしれないですね。

心の底から「したい・やりたい」と

思うことだったら、過去の事例が仮に

思うような結果でなかったとしても、

ブロックがあったり経験がなかったとしても、

それすらを乗り越えてやっちゃうモノなんですよね。

そうは言ってもやっぱり、行動できないし・・・

っていうお気持ちもわかります。



せやねんなぁ・・・どうにもならん時もあるんよね。

そう言うときは、リアルに会ってお話ししましょう。

お近くのお茶会等を選んで、お申し込みください。

告白とかして噂になったら恥かしいし・・・

人生を聴いて未来への確信を生み出す

コーチ・カウンセラーの越川です。

告白とかして噂になったら恥かしいし・・・

f:id:toshihiro25:20170621202745p:plain


個人のコーチングやカウンセリングの

セッションをさせていただく前に、

私自身を知っていただく機会を

つくろう!

と思って、お茶会を始めたのが、

4月のなかごろ。


はじめた頃は毎日やってますから、

お好きな日程でどうぞ!

てな感じでやっていました。


それを、6月からは日程を決めて、

開催することにしました。

ちなみに22日と、29日。


で、やるとなったら、告知を

しないといけないですよね。


ところが僕と来たら、週に2〜3回ほど、

ちょこちょこ告知する程度。


これでは、知られないにも

程があるよね・・・って

小学生でもわかる気がしません???


告知が苦手

こうやって、自分のやりたいこと、

やっていることを知ってもらおうと

思ったら、かならずつきまとうのが

「告知」という壁です。


特に自分自身の活動であったり、

個人の仕事などについて

「いかがですか?」

と告知することがとてつもなく

苦手な人がいます。

僕もそれほど得意なほうでは

ありません。

だがしかし、告知をせねば、

あなたのやりたい事や仕事の

すばらしさを、人は知ることが

できないのです。


告知する恐れ

自分のやりたいことや、仕事に

「いかがですか?」

とお伺いをたてるのは、ある意味

自分の存在を世間にさらけ出す

感覚だと、私は思うのです。


自分をさらけだす、それも身内や

理解者ではない人たちにさらけだすって、

本当に恐ろしいことかもしれないですね。

  • (申し込みがなくて)自分に価値がないっていう現実をつきつけられたらどうしよう。
  • 告知しすぎて、うっとうしいと思われたらどうしよう。
  • 告知しすぎて、嫌われたり、嫌がられたりしたらどうしよう。

と言ったような、恐れや不安が

出てきます。


いわゆる、心理ブロック・メンタル

ブロックと言うやつですね。


そんな時こそ原点と未来をみよう

たしかに、嫌われたり・無視されたり

するのは怖いです。

気持ちが弱くなるし、なにより、

自分自身で自己評価を下げてしまう

ことにもつながるし。

でも、思いだしてみてください。

あなたがその仕事を、そのやりたいことを

何故やろうと思ったのか。

そして、どんな(理想)の未来を

おもい描いてたのか。


その未来を具体的に、リアルに感じる

ことができれば、できるほど、

恐れや不安は薄れていきます。

その仕事で、幸せになる人のことを

考えれば考えるほど、勇気が湧いて

きます。


おもい描いた未来のために、

いまの行動を変化させていくと、

いつのまにかブロックは消えてなくなります。


不安になった時、怖くなった時こそ、

なんのためにその仕事をやろうと思ったのか、

やりたいと思ったのか。


その時にどんな未来をおもい

描いていたのかを、思いだしてください。

なんなら声にだしてみましょう。

きっと、あなた自身の内なる声が、

あなたを助けてくれます。




追伸:
僕の場合は、怖いとか不安っていうよりも、

告知のための文章を毎回変えないと

うっとうしいと思われるかなぁとか、

間をあけたとはいえ、連投したら

迷惑じゃないかなーという、

感覚がありました。

なんでしょうね、同じ文章でSNSとかを

使って告知するのは、恥しいとか

そういうのがあるんだと思います。